事務職問わず、なぜここまで人気なんだろうか

病院で受付などは女性が多い

病院の受付は、何故、女性が多いのでしょうか。
企業の受付なども同じ事が言えます。
それは、その施設の顔となるからではないでしょうか。
第一印象は大切です。
似た様な所で、男女比率はやはり低いですが、秘書の方が、男性が存在します。
これは、秘書としての仕事だけでなく、ボディーガードなど男性向きの
仕事を兼ねているからでしょう。
勿論、魅力的な男性は存在します。
きめ細やかな心配りが出来る男性もいるます。
でも、特に病院には、デリケートな悩みを抱えた患者もいます。
ある程度の個人情報も晒さなくてはならない中、昔からの
女性に対するイメージから、男性よりも、安心出来る気が
する人も少なくないでしょう。
更に、小規模の医療機関に関しては
受付の人間が診療補助に入ることもあります。
法律により、一つの空間で、女性患者と医師だけになることを禁止されている事もあり

立ち会い役になる事もあるのです。
また、実際、ニーズだけでなく、相対的に、
病院の受付は、レセプト作成する医療事務者が、兼任することが多いです。
では、医療事務は何故女性に人気なのでしょうか。
そもそも、事務職という職種柄、相対的に性別が偏り易いところがあります。
資格があることに越したことはありませんが、どちらかというと経験がものを言い
また、事務職としては、企業などより医療機関の方が融通が利くので
主婦層が活躍出来る場でもあります。
他に、医療機関で働いてみたいと思った場合に、とっかかりになる職種が医療事務です。
実際、社会人で看護師を目指す人の中には、前職が介護と看護助手に次いで医療事務も多く、
医療事務などに就いた理由は、医療機関で働きたかったからという理由も多いです。
掘り下げると、医師や看護師の様な国家資格は必要なく、プロではないけれど、医療従事者として
ある程度患者に近寄ることが出来て、ある程度プラスの知識を持つ事が出来るので
やりがいを感じる事が出来て、就業の間口が広い医療事務が人気なのは、
当然かもしれません。