事務職問わず、なぜここまで人気なんだろうか

医療事務ってどんな仕事?

医療事務の仕事内容としては、病院での受付がありますが、そのほかにもカルテの整理や月頭にはレセプトと呼ばれる診療報酬の算定の仕事があります。
これらは、医療事務の資格がないと分からない内容となっていますが、通信などでも資格を取ることができ、仕事も病院の通常の営業時間ないとなるので、女性に人気の仕事です。
病院を受診した際に、窓口で対応してくれる人が医療事務の資格を持ったスタッフです。
仕事がほとんど日中となるので、女性からしてみれば働きやすいということもあり人気があります。
主な仕事内容としては、受付業務、カルテの管理、月末から月頭にかけレセプトの算定業務が回ってきます。
受付は見ての通り、病院に来られた患者さんに対しての対応、カルテの管理としては、新しく来た人の分を作成したり、定期的に来る人とそうでない人のカルテを別にして管理したりすることをしています。
そして、レセプトというものに関しては医療事務の資格がなければ、できない内容となっています。
病院で受ける検査や処方してもらった薬など、1個1個の項目に点数が付いているので、それを計算したり、怪我と関係ない治療をしていないか、病気に関係ない薬を出していないかなどチェックしていく作業となります。
なので、これには資格がないと全く分からない分野になってきます。
毎月翌月の頭に先月来院された患者さんのすべてのカルテを確認しながら、診療行為、投薬、処方箋などに間違いがないかを確認していく作業にあります。
なので、これを行うためには、医療事務としての資格がないと全く分からない分野となってくるので、資格が必要です。
ですが、今では通信などで資格を取ることができ、また病院も大きな場所だけでなく、小さいな個人院やクリニック、さらには調剤薬局などでも仕事ができるということがあるので、仕事の分野も広がり、より女性から人気が出ている職種の一つと言えるようになってきています。