事務職問わず、なぜここまで人気なんだろうか

軽い気持ちでならないほうがいいかも

"一般事務に比べると医療に関する専門知識が要求される医療事務は、賃金も高く、比較的人気も高いお仕事です。 また、病院という「一見すると安定している」職場であるということがより魅力的に感じられ、「医療事務のお仕事を始めてみようかな」と軽い気持ちで応募する人も少なくありません。 しかし、実際に医療事務のお仕事を始めてみると、思わぬ落とし穴に気付くことになります。 まず、医療事務本来のお仕事であるレセプトの作成。 複雑なレセプトの量は患者さんの数に比例して増えますから、高い賃金を期待するのなら、より多くのレセプトを作らなくてはなりません。 医療事務のお仕事がこれだけならまだ何とかなりそうですが、この他にも、病棟の調整や医師のスケジュール管理、金銭管理も含めた受付窓口の対応など、医療事務としてこなさなければならないお仕事は山のようにありますし、定時で終わらなければ当然、残業が発生します。 以上のように、軽い事務作業どころか、実はとても大変な医療事務。 軽い気持ちで応募するのは、ちょっと危険かもしれません。"